冷蔵庫配送安い

冷蔵庫の配送が安い業者を探す方法

冷蔵庫配送安い

冷蔵庫 配達 安い

冷蔵庫 配送料 安い

冷蔵庫 配送 格安

冷蔵庫 送料 安い

 

冷蔵庫の配送は重労働ですね。
それもそのはず、冷蔵庫の重さはファミリータイプで100kgを超えます。

 

そんなに重かったら、1人だとちょっとでも動かすことも出来ません。
冷蔵庫を運び出すとなると、対応できるのは宅配業者か引越し業者くらいになります。

 

宅配業者でも冷蔵庫を運べるのは大手だけなので、料金は割高になってしまいますね。

 

だからこそ冷蔵庫の配送は、経験が豊富で競争相手の多い引越し業者がオススメなのです。
一括見積もりも出来ますので、1番安い業者を探すのが簡単なのも嬉しいですね。

 

引越し業者一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

 

 

一度の情報入力で最大10社からの見積もりを取ることができます。
何かを決める時に比較なしで決めると不安になりますが、いくつかの業者から見積もりを取って決めると安心感が違います。

 

もっと安くは配送できたんじゃないか?というモヤモヤがありません。
見積もりも簡単なので、ぜひ一括見積もりをご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し費用を安くする方法

 

引越し安く

 

引っ越し費用、結構高額になるので少しでも安くしたいと思いませんか?
でも具体的にどうすればいいのかわからない・・・。

 

引っ越し費用は荷物の量に比例して高くなりますので、引越しにかかる料金を安くしたいのであれば荷物をできるだけ減らすことです。
不用品は引越し前に計画的に処分しておきましょう。

 

さらに3月前後は繁忙期なので1年で一番引っ越し費用が高い時期です。
できればこの時期は避けたほうがいいですね。

 

どうしても繁忙期を避けられない場合は、引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って見積もりを比較して安くてサービスの良い業者と契約してしまいましょう。 

 

準備が遅くなるほど高い業者しか残らない傾向があります。

 

また仕事を休みたくないという理由で、土日祝日は引っ越し希望者が多いので平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであればそちらがオススメです。

 

引っ越しは午前中にして午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
費用を重視するのであれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しは単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは荷物の量が多いと利用できませんので、お気をつけください。

 

このように引っ越し費用は、条件を見直すことで安くすることができるのです。

 

 

引越しを安くする条件

 

引越し 安く

 

引っ越し費用、結構高額になるので何とか安くできないものでしょうか?
それならまず引越しの条件などを見直ししてみませんか?

 

引っ越し費用は荷物の量に比例しますので、引越しにかかる料金を安くしたいのであれば荷物をできるだけ減らすことが重要です。
荷物が多ければ大きなトラックが必要だったり、配送するスタッフの数が必要だったりするからです。

 

そして次に時期ですが3月前後は繁忙期なので、1年で一番引っ越し費用が高い時期です。
できればこの時期は、無条件に高いので避けたほうがいいです。

 

もしどうしても繁忙期を避けられないのであれば、引っ越し先の住所がわかったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを取って一番安くて良い業者と契約してしまいましょう。 

 

そして曜日ですが土日祝日は仕事を休まず引越しできるので希望者が多く、平日に比べると費用が高めです。
平日に引っ越しできるのであれば割引されることが多いのでそちらがオススメです。

 

時間でいえば午前中に荷物を搬送して午後からは荷解きをしたいという人が多いので、午前中は午後よりも高めです。
費用重視であれば午後便、もしくは時間指定しないフリー便であれば割引があります。

 

長距離の引っ越しでも単身コンテナ便や混載便を利用することで多少安くなります。
これらは一人暮らし用にオススメです。

 

このように引っ越し費用は、割引される日にちや時間を利用すれば安くすることができるのです。

 

 

引越しのあいさつ、する派?しない派?

 

冷蔵庫 引越し 比較

 

引越しをしたら、ご近所の方へ挨拶に行きましょう。
最近はご近所付き合いも希薄になりつつありますが、やはり挨拶はしておいたほうが良いです。

 

一軒家なら特に長く住む可能性も高いので、ご近所付き合いは欠かせません。
第一印象は大切ですから、必ず行きましょう。

 

マンションやアパートも周囲にどんな人が住んでいるのか知っておいたほうが安心です。
案外、足音や洗濯の音、掃除の音などの生活音は聞こえますから、挨拶して印象を良くしておきましょう。

 

ではどのタイミングで挨拶に行けばいいのでしょう?

 

一般的には、引越し当日か遅くても翌日なのだそうです。
案外早くて、驚きませんか?

 

なぜなら挨拶を後回しにすればするほど、先に廊下や駐車場などでバッタリ住民に会ってしまう可能性が高いからです。
ちゃんとした挨拶に行く前に軽い挨拶を交わすと、逆にすごく行きにくくなってしまうので、挨拶は早めが良いのです。

 

挨拶に行く範囲ですが、一軒家なら向こう3軒両隣の計5軒にあいさつに行きましょう。

 

マンションやアパートなどの集合住宅なら自室の上下左右の部屋にあいさつに行きましょう。

 

他にも管理人さん、大家さん、自治会長さんなどが近くにお住いの場合はご挨拶しておくといいですね。

 

手土産はどうでしょう。
手ぶらで行く方もいますが、500円程度のお菓子やお茶、コーヒー、タオル、洗剤などの消耗品を持って行くのがオススメです。

 

初対面ですから、挨拶代わりにのしに「御挨拶・氏名」を書いてお渡ししましょう。

 

 

レンタカーでの冷蔵庫の配送

 

冷蔵庫 軽トラック

 

軽トラックをレンタルして自分で冷蔵庫を配送したら費用が安いんじゃないかと思ったことはありませんか?
レンタカーでの配送条件は@距離が近いこと A荷物が少ないこと B人手があることなどがあります。

 

新居までの距離があまりに遠いとレンタカーで配送するのは難しいです。
素人だけで上手に積み込むのは難しいですし、レンタカーでの運搬中に背の高い冷蔵庫が倒れるんじゃないかと思うととても怖くてスピードも出せません。

 

時間がかかるとそれだけレンタカーのレンタル料がかさみます。
レンタカーは最後にガソリン代を満タンにしてから返さなければなりませんので、少し早めに返却に向かわかねばならないのです。
時間に追われると気が焦ります。

 

あとは手伝ってくれる人がいるといいですね。
冷蔵庫など大きなものは人手がないと家から運び出すのもトラックに積み込むのも出来ません。

 

最初に言った通り、レンタカーで配送すれば安くなるイメージがありますが実際はどうなのでしょう?

 

トラックのレンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】で、7000〜10000円くらいでしょうか。
これにガソリン代と友達への謝礼・お弁当・お茶代などがかかります。
これだけで済むなら安いと言えるでしょう。

 

しかし注意しないといけないのは、うっかり冷蔵庫を落として壊しても補償がないこと、賃貸物件は壁や床を傷付けたら修繕費が高くなることです。
無理矢理引きずって動かしたりしないようにしてくださいね。

 

レンタカーでの配送は近場であればお得ですが、場合によっては引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もあります。
比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

 

冷蔵庫 搬送