冷蔵庫 粗大ゴミ

引越しと粗大ゴミ

家の中に長年壊れた家電や傷んで使っていない家具はありませんか?
まだ使えるけど古いので、引越しの際に買い替えを検討しているものはありませんか?

 

引越しは断捨離のチャンスです。
このようないらないものは、思い切って断捨離してしまいましょう。

 

家具や家電の大きいものは、新居に持っていこうとすると大きなトラックが必要となり、その分費用がかさむこともあります。

 

それなのに新居に運んでみてから、やっぱりいらないから捨てようというのは時間もお金も無駄にする行為なので勿体ないです。

 

しかし粗大ごみはいつでも好きなタイミングで捨てられるものではありません。ちょっと手間がかかります。
お住いの自治体によって粗大ゴミの回収方法は違いますが、大きく分けると2つの方法があります。

 

@業者に引き取りに来てもらう場合。
粗大ゴミ処理施設に電話をして、引き取りに来てもらう日を予約します。
次にコンビニなどで「粗大ゴミシール」を手数料分買って、捨てたいものにそのシールを貼り、約束の場所に時間以内に置いておけば業者が引き取りに来てくれます。

 

シールは粗大ゴミ1つにつき1枚必要です。手数料はごみの大きさによって異なりますので、ホームページなどで手数料を確認してからシールをご購入ください。
ついでに回収してくれたりはしませんので、粗大ゴミ1つにつき必ずシール1枚を貼ってくださいね。

 

A自分で持って行く場合。
電話にて予約をして、指定された時間に申請した粗大ごみだけを自分でリサイクルセンターに持ち込みます。
この場合、粗大ごみシールを貼る必要はありません。

 

詳しくはお住いの市区町村の役場のホームページで確認してください。

 

ただし、粗大ゴミ扱いができない家電がいくつかあります。

 

エアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは家電リサイクル法によって、家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要です。購入した場所が近く出ない場合は、自治体にご相談ください。